• WM PRODUCTS
  • YAMAHA
  • KAWASAKI
  • SUZUKI
  • HONDA
  • WM INFO
YAMAHA
SR400/500
KAWASAKI
250TR
ESTRELLA
W400-650
SUZUKI
ST250
HONDA
CB400SS

WM INFORMATION

株式会社 ダブルエム 〒578-0921 大阪府東大阪市水走2-9-33 Tel. 072-961-1888 Fax. 072-966-0010


営業、交通アクセスのご案内


■ ダブルエム・ウェリントン(ショップ販売)

営業日 月曜日〜金曜日 午前9時30分〜午後6時30分
    土曜日 午前10時〜午後6時
休業日 第2/4土曜日、日曜日、祝日、年末年始


営業、交通アクセスのご案内

  • ホームページ掲載の写真は実際の製品カラーと多少異なる場合があります。
  • 商品の仕様、価格は予告なく変更することがあります。
  • 確かな知識(メーカー発行のサービスマニュアルに基づく)と技術を持ったメカニック又はそれに相当する人によって取り付けを行ってください。
  • ダブルエムは当社製品の品質についてのみ責任を持つものであり、それ以外のどのような事柄についても責任を負いかねますので、あらかじめご承知おきください。

販売店の皆さまへ

本ホームページ掲載パーツのご注文に際して、下記事項を記載の上、FAXにて御注文下さいますようお願い致します。

  • 日付、貴社名、貴社コードaA電話番号、FAX番号、
    品番、品名、数量

通信販売をご希望の方へ

下記の3つのコースよりお選び下さい。

■ コレクト(代金引換え)

お電話、FAXにて在庫確認の上、御注文下さい。その際、合計金額をお伝えしますので、代金は商品受け取り時に運送会社の方にお支払い下さい。合計金額30万円以下でご利用が可能です。別途コレクト手数料が必要です。

コレクト手数料
合計金額 1万円未満…¥315
1万円3万円未満…¥420
3万円10万円未満…¥630
10万円30万円未満…¥1,050

 

■ 銀行振り込み

お電話、FAXにて在庫確認の上、御注文下さい。その際、合計金額をお伝えしますので、下記口座に合計金額をお振込み下さい。ご入金確認後、商品を発送致します。なお、振込み手数料はお客様の負担となります。ご了承下さい。

<お振込み先> 三菱東京UFJ銀行 京阪京橋支店
普通 0223927 株式会社ダブルエム

     

  • お買い上げ金額が1万円未満の場合は送料¥1,050円が必要です。
  • 商品欠品の際は、お届けまでに多少お時間をいただく場合があります。
  • 特注商品、加工(ペイントを含む)を伴う場合は銀行振り込みでのお支払いとなります。

 

オンラインショップ ウェリントン

WMオリジナルパーツを『WMウェブショップ ウェリントン』より、ご購入して頂けます。詳しくは上記よりアクセスして下さい。

 


ページトップ

WM HISTORY

?創業者廿枝夫妻によるプライベートカスタムSRがストーリーの始まり

1982

SRをベースに、独自の視点による新しい発想のコンプリートマシンは多くの支持を集め、後に日本中を巻き込んだシングルオートバイのブームへと発展する。ユーザーのソフトとハード、如何なる要求にも応えるスペシャリティショップ“ウェリントン”をオープン、さらにユーザーニーズの増大に伴い、(株)ダブルエムを法人設立するに至る。これにより、他には無いクオリティ高いパーツ類を全国展開で供給することとなる。


1990

海外パーツメーカーとの交流を積極的に深める。モーターサイクル・サスペンションメーカーWP社との提携、英国 NEWTON Equipment、アメリカ Barnett Tool&Engineering 社など、国内ユーザーに新しく魅力的なブランドとダブルエムブランドのコラボレーションを重ねる。
この年代、SRは販売台数の更新を続け、ウェリントンが理想としたスリムで機能的なシングルマシンがユーザーの数だけ個性的なカスタムマシンとして街に溢れるようになる。
ダブルエムパーツのクオリティは業界の指標となり、また拡大したシングルマシン・マーケットは大手企業にシングルマシン専門の部門を設定させるまでの一大ブームとなった。


2000

成熟期に入ったシングルマシンの市場においても新たなる展開を模索、自社製のオリジナルデザイン量産アルミタンクを完成させる。さらに国産4メーカーすべてのシングルマシンにコンプリートモデルを製作、新たなブームを築き上げる。
WPサスペンションもストックで300km/hを越える市販モーターサイクルに対応し進化。先進のスペックを万全の体制でユーザーに提供する。
そして新時代、企業として積み重ねた時間、それはどこまでもユーザーとの喜びを共有したいがための物であり、これからもダブルエムはその理想に向かい、スロットルを開け続けます。
- たとえモーターサイクルから
 シングルのレーシングサウンドが消えようとも